メディカルLabo

HOME > メディカルLabo > アルマの活用術

2020.01.29

風邪予防と回復に効果のあるアロマ

寒さがきびしい時期になりました。
皆さんは体調を崩されたりしていませんか。
風邪の対策には手洗いうがい・マスクなどいろいろな方法がありますが、
アロマにも 予防効果や回復効果があるものがありますのでご紹介します!
 

お勧めの使い方と使用アロマ

うがい
コップの水に1~2滴落とし、うがいする。
<おすすめオイル>
・ティートリー (禁忌:敏感肌・アレルギー体質)
・ペパーミント (禁忌:妊娠中・敏感肌・アレルギー体質)

頭痛
こめかみや首筋後頭部などに、直接アロマを少量擦り込みます。
洗面器の熱いお湯に精油を2~3滴落として、タオルをしぼり、後頭部などを温湿布するのもお勧めです。
<おすすめオイル>
・ラベンダー (禁忌:多量・妊娠中)

鼻づまり
ボウルか洗面器に熱いお湯を入れ、精油を2~3滴落として蒸気吸入します。
洗面器の湯に精油を2~3滴落として、タオルをしぼり、首胸部や背中などを 温湿布するのも暖かくて気持ちいいです。 ティッシュペーパーに1滴落として吸入するのもお手軽です。
<おすすめオイル>
・ペパーミント (禁忌:妊娠中・敏感肌・アレルギー体質)
・マージョラム (禁忌:妊娠中)
・ユーカリ (禁忌:高血圧・てんかん)


ボウルか洗面器に熱いお湯を入れ、精油を2~3滴落 として蒸気吸入や、
洗面器に湯をはり精油を2~3滴落として、タオルをしぼり、首・胸部や背中などを温湿布する。
<おすすめオイル>
・ベンゾイン (禁忌:炎症の起きている皮膚・車を運転する前)


洗面器の熱いお湯に精油を2~3滴落として、タオルをしぼり足を包み込み温湿布するか、そのまま足浴をします。
<おすすめオイル>
・ユーカリ (禁忌:高血圧・てんかん・長期)
・ラベンダー (禁忌:多量・妊娠中)

以上は予防や回復時にお勧めなので、発熱やのどの痛みなどの症状が出た場合は
お早めの病院受診をお勧めします。

 

 

希望の求人が見つからなかった方へ
いい条件、交渉求人

サイト掲載されている求人がしっくりこないという方も、希望条件をお聞かせ下さい。経験豊富なアドバイザーによる積極交渉でご要望にそったお仕事をご提案します。

遣・転職相談会 服装自由 / 参加無料

  • 大阪
  • 札幌

「家庭を優先して働きたい」「扶養内で働きたい」「転職するかまだ迷ってる…」など、お悩みやご要望を気軽にご相談ください。

PageTop